西郷どん26話感想「西郷、京へ」吉之助とヒー様が京で久々の再会!

この記事では、西郷どんを見逃してしまったまたは無料でもう一度みたい人のために、
西郷どんあらすじ感想、そして無料で動画を見る方法についてお伝えします!

この記事では、2018年7月15日(日)20時放送、西郷どんの26話の感想ネタバレを書いていきます。

ネタバレ注意です!

スポンサーリンク

西郷どん 26話のあらすじと感想

西郷どん 26話 あらすじ

吉之助(鈴木亮平)が沖永良部島にいるあいだに、時代は動いていた。坂本龍馬(小栗旬)と勝海舟(遠藤憲一)といった人物が登場していた。龍馬と海舟の耳にも、吉之助の噂は届いていた。

吉之助は、ようやく沖永良部島から薩摩へ戻ることができた。薩摩の西郷邸に戻った吉之助は、ひとときの間、西郷家のひとたちと一家団欒をする。西郷家は貧しさのため、屋敷を売り払っていた。

西郷家の一家団欒が終わった5日後、吉之助は海江田信義(高橋光臣)とともに、京へ向かう、京では、一橋慶喜(松田翔太)らを中心とする幕臣や、島津久光(青木崇高)らが合議制で政治を行なっていた。しかし、慶喜と久光とのあいだはうまくいかず、政情は不安なままだ。

京に戻った吉之助は、一蔵(瑛太)のもとへ向かう。一蔵は京でせわしない生活を送っているのだった。

スポンサーリンク

西郷どん 26話 感想・ネタバレ


吉之助は奄美大島と沖永良部島と2回も流されていますので、約5年は経っています。次期将軍争いで敗れた一橋慶喜は、将軍後見役になっています。慶喜は京に居を構えていました。開国に反対する孝明天皇と懇意になっていました。いわゆる公武合体論ですね。当初は薩摩藩藩主だった斉彬が唱え、弟の久光がそれを引き続きました。しかし、幕府では慶喜が何を考えているのかわからないと評判でした。とくに、薩摩藩の島津久光との仲は最悪でした。久光は、幕府を動かしたいという想いはありましたが、幕府をつぶすことは考えていませんでした。ところが、慶喜が薩摩藩に協力的でないので、久光から見れば慶喜が何を考えているのかわからないように見えたんですね。

吉之助が薩摩藩のある鹿児島に戻ったら、屋敷が貧しくなっていました。吉之助が最初の嫁である須賀と結婚したときに、たくさん借金していました。財政的に苦しい西郷家は、家を売り払いました。熊吉(塚地武雅)が「水でも太る」と言って、食費を食いつぶしている原因は自分にあるみたいな発言をしました。しかし、水で太ることはありません(笑)

吉之助が京に向かう途中で、糸(黒木華)に出会いました。久しぶりの登場ですが、生きていたんですね(笑)糸は嫁いでいましたが、夫はすでに死んでいるんですね。なんで再び糸が登場したのか、「西郷どん」第1話の最初のシーンを思い出すとわかるんですが、それは追々。

京に到着した吉之助。久光と慶喜の仲が悪いので、なんとかして欲しいと一蔵に頼まれます。時代背景としては、薩摩藩と幕府が協力して政治をしている状態。その一方で、長州藩は幕府を転覆させようとしています。しかし、薩摩藩と幕府の関係がしっくりこないので、斉彬時代に側近的な存在だった吉之助の力を借りようとするのですね。

ただ実際は、慶喜と吉之助は面会したことがありません。「西郷どん」では慶喜が「ヒー様」という遊び人っぽい男になって吉之助と何回も出会っていますが、そういう事実はないようです。それどころか、ふき(高梨臨)も、慶喜の側室になっていましたね(笑)薩摩藩の貧乏農家の出身で、江戸にたどり着いたんでしたね。

慶喜と久光の仲を取りもとうと、吉之助は久光に会いに行くものの「知らない」と慶喜の家来に言われてしまいます。ふきから吉之助に「牛男」と書かれた手紙を受け取って、吉之助とヒー様こと慶喜は面会できます。しかし、どうやってヒー様は屋敷から抜け出たんですかね。慶喜の屋敷の周りは慶喜を暗殺しようと付け狙っている武士でいっぱいです。ヒー様は忍者なんでしょうかね(笑)

慶喜と吉之助が久しぶりに面会しました。新しい時代の政府をけん引して欲しいといったことを、吉之助は慶喜に言います。吉之助に言われなくても、慶喜は将軍後見役で、幕府の実質的な最高権力者なんですけどね(笑)諸外国と開国したり、長州藩が幕府を転覆させようとしているなど、政情不安定ですから、慶喜でもなんとかできる状態でないというのが実情でしょうか。吉之助に促されて、慶喜は久光との面会を決意します。

ところが久光は薩摩藩に戻ると言い出しますね(笑)久光も何を考えているかわかりません。実際は、久光が慶喜を見限るんですが、「西郷どん」だと芋呼ばわりされて拗ねて薩摩藩へ戻るみたいな描かれ方をしていますね(笑)

ちょうどいいタイミングで、慶喜に刺客が送られます。暗殺されたのは、慶喜の側近の平岡円四郎です。暗殺されるんじゃないかと動揺する慶喜ですが、久光が薩摩に戻ったことを詫びる吉之助に「側近として協力してほしい」ということを言います。どうも慶喜の本心ではないようですが、わかりにくかったです。慶喜役の松田翔太さんがニッコニコなのが、非常に印象的でした(笑)

スポンサーリンク

西郷どん 27話(次の放送分)予想してみた&Youtube予告動画

戦争が起こったみたいですね。戦うのは幕府でしょうか、それとも薩摩藩?大将は慶喜みたいですね。慶喜のいる京で戦争が起きるのでしょうか。

慶喜は「誰が味方か敵かわからない」と言って動揺していますが、薩摩藩のことを指しているのでしょうか?

吉之助も京に残っています。ということは、吉之助も戦争に巻き込まれるのでしょうか。

次回も西郷どんから目が離せません。

西郷どん 26話だけでなく、1話~最新話まで一気に視聴したい方や見逃した回がある方はこちら!

西郷どんを見逃してしまった、もう一度みたい方、1話~最新話までイッキ見したい方はU-NEXTで視聴できますよ!

今なら31日間お試し期間となります。

U-NEXTは12万本以上も動画があるので、人気のドラマや映画やアニメ、さらには雑誌やアダルト系も見放題です!

例えば、2018年夏ドラマ

  • NHK「西郷どん」鈴木亮平(1月より現在絶賛配信中!)
  • NHK「半分、青い。」永野芽郁(4月より絶賛配信中!)
  • テレ東「ラストチャンス 再生請負人」仲村トオル(7月16日)
  • 21時-テレ朝「刑事7人 第4シリーズ」東山紀之(7月11日)
  • テレ朝「遺留捜査 第5シーズン」上川隆也
  • テレ朝「ハゲタカ」綾野剛(7月19日)
  • テレ東「執事西園寺の名推理」上川隆也
  • テレ朝「マジムリ学園」小栗有以(7月26日)
  • テレ東「警視庁ゼロ係 第3シリーズ」小泉孝太郎(7月20日)
  • NHK「透明なゆりかご」清原果耶(7月20日)
  • テレ朝「dele(ディーリー)」菅田将暉、山田孝之
  • テレ東「GIVER 復讐の贈与者」吉沢亮(7月13日)
  • テレ東「インベスターZ」清水尋也(7月13日)
  • NHK「バカボンのパパよりバカなパパ」玉山鉄二(6月30日)
  • テレ朝「ヒモメン」窪田正孝、川口春奈
  • テレ朝「幸色のワンルーム」山田杏奈、上杉柊平(7月7日)

また、2018年春ドラマ

  • テレ東「ヘッドハンター」江口洋介
  • テレ朝「特捜9」井ノ原快彦
  • テレ朝「警視庁・捜査一課長 シーズン3」内藤剛志
  • テレ朝「未解決の女」波瑠
  • テレ東「スモーキング」石橋凌
  • テレ東「執事西園寺の名推理」上川隆也
  • NHK「デイジー・ラック」佐々木希
  • テレ朝「家政夫のミタゾノ 第2シーズン」松岡昌宏
  • テレ東「孤独のグルメ シーズン7」松重豊
  • テレ東「宮本から君へ」池松壮亮
  • NHK「そろばん侍」向井理
  • NHK「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」神木隆之介
  • テレ朝「おっさんずラブ」田中圭
  • テレ朝「声ガール!」福原遥

他にも、2018年冬ドラマ

  • 明日のきみがもっと好き
  • BG~身辺警護人~(木村拓哉主演)
  • ホリデイラヴ
  • 西郷どん
  • 電影少女
  • わろてんか

さらには、

  • 青い海の伝説
  • IT
  • ドクターX
  • 鋼の錬金術師
  • ひるなかの流星
  • あぁ、荒野
  • ウォーキングデッド
  • スパイダーマンホームカミング

などの人気ドラマや映画などは今すぐ視聴できます♪

いつまでもキャンペーン期間があるとは限りません。

これを機にU-NEXTに登録し、たくさんの動画を見て充実した毎日を過ごしてみてはいかがでしょうか??

↓詳しくはこちらをどうぞ↓

>> U-NEXTの詳細・登録はこちら

>>【PC版】U-NEXTを登録方法はこちら

また、ビデオマーケットでもご視聴可能です。

こちらも国内最大級のVODサービスで、その動画の数なんと16万本以上!

今ならなんと以前まではなかった初月無料キャンペーン実施中!

初月無料キャンペーンは予告なく終了する可能性もあるので、無料登録はお早めに。

>>ビデオマーケットの詳細や登録方法はこちら

【関連・おすすめ記事】

西郷どん21話感想「別れの唄」を歌う愛加那が泣ける!吉之助は薩摩へ

西郷どん22話感想「偉大な兄 地ごろな弟」京で再会する吉之助と信吾

西郷どん23話感想「寺田屋騒動」とはどんな事件?吉之助との関係は

西郷どん24話感想「地の果てにて」吉之助に降りかかる災難とは?

西郷どん25話感想「生かされた命」助けられた吉之助の運命は如何に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする