健康で文化的な最低限度の生活4話ネタバレ 安達祐実の娘役の吉澤梨里花が可愛い!

この記事では、健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)を見逃してしまったまたは無料でもう一度みたい人のために、
健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)あらすじ感想、そして無料で動画を見る方法についてお伝えします!


この記事では、2018年8月7日(火)21時放送、健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)の4話の感想ネタバレを書いていきます。

ネタバレ苦手な方は注意です!
スポンサーリンク

健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ) 4話のあらすじと感想ネタバレ


以下、健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ) 4話のあらすじと感想と次話予想。

健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ) 4話 あらすじ

「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)」第4話一年前に夫のDVが原因で離婚して以来、生活保護を受けている岩佐朋美(安達祐実)が、七条(山田裕貴)を訪ねて窓口へやって来ます。

朋美は6歳になる娘の育児をしながら求職活動にも積極的で、七条は朋美に、同じく女手一つで自分を育ててくれた母の姿を重ねて熱心に求職活動を勧めます。

一方、朋美の面談中に娘の咲(吉澤梨里花)と遊んでいたえみる(吉岡里帆)は、咲の異変に気付き、朋美が咲をストレスのはけ口にしているのではないかと疑います。

すぐに七条に相談しますが、朋美びいきの七条は、あの人なら大丈夫とまともに取り合おうとしません。「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)」第4話

しばらくして、求職活動の状況を確認しようと七条が連絡すると、朋美から面接を受けた会社に採用されたと報告されます。

まるで自分のことのように大喜びする七条でしたが、なぜかその日を境に朋美と連絡がつかなくなってしまいます。

さらに街中で七条が声をかけると、朋美は慌てて逃げ出してしまって、その真意が分からない七条は頭を抱えてしまうのです…。

「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)」第4話

七条の上司・京極(田中圭)は、これ以上連絡が取れないなら、朋美の生活保護打ち切りを検討するよう指示。

するとそこへ朋美の妹がやってきて、就労が決まったという朋美の話がうそだったことが判明するのです。

仕事でのつまずき、夫のDVや生活保護を受けている負い目…。

同年代の生き生きした女性たちと自分の人生を比べ、追い詰められていた朋美は、とっさにうそをついてしまったのです。

七条はそんな朋美の精神状態を心配しつつも、今まで通り、負けないでほしい、頑張ってほしい、と励ましの言葉をかけます。

朋美もやる気を見せるが、その表情から、えみるは、このままでは朋美が壊れてしまうのではと心配し、就労に向けて再び話を進めようとする七条と言い争いになってしまうのです……。

「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)」第4話

一方、娘からの手紙で、別れた妻が亡くなったことを知った阿久沢(遠藤憲一)は仕事に身が入りません。

ようやく借金を返し終わり、人生を再スタートさせた矢先の悲しい知らせは、阿久沢にさらなる人生の転機をもたらそうとしていました。

健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ) 4話 感想・ネタバレ

七条の元にシングルマザーの朋美が訪ねてきます。

朋美の娘の咲は遊びたがっていて話をしにくい状態でしたが、半田が面倒を見ると勝ってでるのです。

しかし半田は疲れ果てていて、えみるが助け船を出すのです。

ままごとをしていると、咲は早くご飯を食べるように言い、服が汚れたらどうするの、と真顔で言い出すのです。

咲は、いつもママにこうやって言われているんだと言います。

えみるは七条を食事に誘い、朋美がストレスを咲にぶつけている疑いがあると助言します。

しかし七条は、朋美に自分の母親の姿を重ねていて、頑張って欲しいと言い、朋美はそんなことはしないと言うのです。

七条がそういうなら私の勘違いかな、とえみるは言います。

京極は、稼働意識のあるものには徹底的に就労を促すように言うのです。

各々のケースワーカーたちが利用者に就労を促していて、七条は朋美に先日受けた面接の結果を聞きに電話すると、朋美は仕事が決まったと言うのです!

七条は喜びますが、朋美は本当に就労可能な精神状況なのか?と周りは確認します。

朋美は周りの些細な言葉に傷ついて追い詰められていくのです。

幼稚園では靴の小さなサイズを履いていると指摘され、友達にはシングルマザーで優遇されていると言われてしまいます。

七条は今シングルマザーの担当をしていることを母親に報告するのです。

そして母親に自分を育てることで大変だったことは?と聞くと全てだと言う母親。

母親は弱音を吐けない人が多いと助言されます。

七条は朋美と最近連絡が取れないことを気にしていて、様子を見に行くことにします。

朋美のマンションへ行くと、チャイムを鳴らしても出ずに置き手紙を残すことにします。

しかし部屋の中には朋美がいて、友人のSNSを眺めていたのです…。

スポンサーリンク

七条はえみると家路についていても、上の空でから返事する始末。

すると偶然朋美と会った七条は声を掛けますが、朋美は逃げ出してしまうのです!

その事を京極に報告すると、もう保護がいらないと言うことなんじゃないのか?と言って、このままの状態が続くなら保護を打ち切ると言います。

何とかしたい七条でしたが、そこに朋美の妹が訪ねて来て、七条の事をストーカー呼ばわりします。

そして妹の口から、朋美はまだ仕事が決まっていないことを知ってしまうのです!

七条はショックを隠せない様子です…。

七条は朋美を呼び出し、事情はよく分かったけど働かなくてばいけないのも事実だと声を掛けます。

僕は朋美に頑張って欲しい、踏ん張って欲しい、負けてほしくないと言葉を掛けると、朋美はありがとうございますと言います。

そしてお手洗いに行くと言って退席すると、トイレの窓を開けて泣いている朋美をえみるは発見してしまうのです。

私は大丈夫で、生活保護を受けるべき人間ではないと言うのです。

えみるは七条に、朋美は今働けるような精神状態ではないと助言しますが、七条はその意見を否定します。

その様子を見ていた半田は二人を会議室へいざない、2人は真剣に意見をぶつけ合うのです。

あまり追い込むと、利用者の命を奪うことになることをえみるは知っていて、七条に同じ思いをして欲しくないと言います。

半田は、朋美に精神科に言ってもらった方がいいと助言しますが、七条は上手く朋美を誘導できずに困り果てていました。

その様子を見ていたえみるは、自分の担当の孫のはるかに会いに行くのです。

はるかはおばあちゃんがたまに変なことを言うこと、失禁することをえみるに言い、今は二人で何とか生活していると言います。

そんなはるかに、えみるは自分に出来ることがあれば何でも言ってね、と言いますが、一方で自分が七条に助言できる立場にはないことも実感していたのです。

スポンサーリンク

阿久沢は仕事に身が入らず、店主の円に何かあった事を見抜かれていました。

阿久沢は娘から来た手紙を円に見せると、円は泣き出し今すぐに娘に会いに行くように言うのです。

一方の七条は朋美の事を考えていて資料を読み込んでいました。

京極は、お前みたいな新人に理解できるはずもないなと言うと、七条は自分が朋美の事を一番よく分かっていると言うのです。

京極は自分の母親も働いていて、母親が体調を崩して家にいた時に母親はつらかったと思うが自分はいつも忙しくて一緒にいられない母親との時間が嬉しかったと言います。

そしてお前が朋美の気持ちを理解してあげなくてどうすると助言すると、七条は走り出すのです。

その様子を見ていた半田は、京極だから七条を動かせたんですねと言い、職場を後にするのです。

朋美は追い詰められていて、お茶をこぼしてしまった咲を置いて出て行こうとします。

咲はすぐ帰ってくる?と聞くと、朋美はすぐに帰ってくると言うのです。

そして鳴り響く電話と咲の声にイライラして、声を荒上げてしまうのです。

その電話は七条からのもので、七条は子供の頃に頑張っている母親も好きだったけど、頑張っていない母親も好きで、それは一緒にいられて嬉しかったからだと言います。

そして今は頑張らないでほしいと言い、七条は電話を切るのです。

その音声を聞いて朋美は冷静さを取り戻し、泣いている咲を抱きしめるのです…。

朋美はうつ病で、七条が受診を勧めていなければ自殺していた可能性があったと医師に言われます。

七条は自分が追い詰めたばかりにすみませんでしたと言うと、朋美は七条の言葉のおかげで気持ちが楽になったと言い、しばらくは病院に通うため求職活動はお休みしますと言います。

私は子供を育てていかなくてはいけないから、この先も嫌われない程度に頑張り続けます、と朋美は笑顔で告げます。

えみるが阿久沢の職場へ行くと阿久沢は不在でした。

阿久沢は、久しぶりに娘と会う決意をしていたのです!

久々に会った娘は、部屋に上がるとすぐにビールを要求していて手紙の様子とは全く違っていて、阿久沢は困惑するのです…。

*咲役の吉澤梨里花は数々のCMやドラマで子役を務めている実力派の子役の様です。

現在公開されている、劇場版コードブルーにも出演しているようですし将来も楽しみですね!

スポンサーリンク

健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ) 5話(次の放送分)予想してみた

次回は京極と半田が対立してしまうようですね!

生活保護を申請していた青年と、自分の息子なら支えると言う父親の関係を巡って意見が対立するのです。

その青年は何故父親を拒絶するのでしょうか?

そして父親は何を隠しているのでしょうか?

次回の展開も気になりますね!

スポンサーリンク

健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)の4話だけでなく、1話~最新話を無料視聴したい方(見逃した方)はこちら!

FODおすすめ動画

健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)を無料で見たい方、見逃した方、もう一度みたい方はFODに登録すると見れますよ!

なんと、今なら31日間は無料で使えます!

登録して31日以内に解約すれば、一切お金はかかりません。

FODは最新ドラマだけでなく、過去の人気ドラマや映画・アニメなどもたくさん観れます!

2018年夏ドラマ

  • 「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」沢村一樹(7月9日より配信)
  • 「健康で文化的な最低限度の生活」吉岡里帆(7月17日より配信)
  • 「パフェちっく!」高橋ひかる(7月11日より配信)
  • 「グッド・ドクター」山崎賢人(7月12日より配信)
  • 「限界団地」佐野史郎(6月2日より配信)
  • 「いつかこの雨がやむ日まで」渡辺麻友(8月4日より配信)

2018年春ドラマ

  • 「コンフィデンスマンJP」長澤まさみ(4月9日より配信)
  • 「シグナル」坂口健太郎(4月10日より配信)
  • 「モンテ・クリスト伯」ディーン・フジオカ(4月19日より配信)
  • 「いつまでも白い羽根」新川優愛(4月7日より配信)
  • 「不倫食堂」(地上波放送なし!3月7日よりFOD限定配信中!)

2018年冬ドラマ

  • 『FINAL CUT』
  • 『海月姫』
  • 『ROAD TO EDEN』
  • 『隣の家族は青く見える』
  • 『オーファン・ブラック~七つの遺伝子~』
  • 『家族の旅路 家族を殺された男と殺した男』

超人気FOD限定恋愛ドラマ

  • 『グッドモーニングコール2(続編)』
  • 『花にけだもの』

過去の人気ドラマ

  • 『問題のあるレストラン(真木ようこ主演)』
  • 『僕のいた時間(三浦春馬主演)』
  • 『コードブルー』
  • 『昼顔』
  • 『明日の約束(井上真央・仲間ゆきえ主演)』
  • 『クライシス』
  • 『きみはペット』
  • 『貴族探偵』

人気恋愛番組

  • 『テラスハウス2018軽井沢編』
  • 『あいのり2017-2018アジアンジャーニー』

などの人気作もすべて見れます。 さらに、人気の映画

  • 『君の名は。』
  • 『イタズラなkiss3~プロポーズ編~』

80種以上の雑誌も見れます!

FODで読める雑誌
いつまでも無料キャンペーン期間があるとは限らないので、これを機に登録して、毎日充実した動画ライフを満喫してみては如何でしょうか?

>> FODの詳細や登録方法はこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする