PSVR酔いは防げる?【VRやってみた・遊んでみた感想レビュー】

先日、中古でPS4とPSVRを購入しました!
ということで、丸一日使用してみての使用感や映像の見え方について、レビューしてみようと思う。
最大の敵である「VR酔い」についても解説する。

ヘッドセット

ヘッドセットは頭一個分の大きさなので、割と大きめ。
ヘッドセットの重量は610gらしいが、正直それほど重くはない。
むしろ軽く感じる。

PS4との接続

上記の画像とPSVRヘッドセットで一式。
PS4本体とプロセッサーユニット、PS Camera、あと電源。
他はケーブル諸々だ。

電源はPS4とプロセッサーユニットの2つ必要。
プロセッサーユニットは、PS4で処理した映像をPSVRへ送る際に
フレーム補完など予備的な処理をするためのもの。

以下、公式の動画内に綺麗な画像があったので紹介しておく。
f:id:sakini_itteyo:20170212152809j:plain
内容物一覧

f:id:sakini_itteyo:20170212152340j:plain
接続図

ヘッドセットの装着感は?

きちんと装着すると、頭を振ってもそうそうズレないし、
重くもない。長時間でも問題なくつけていられる。

画像は管理人本人です(笑)

装着の仕方は最初面倒臭いけど、一度付け方を理解すれば次からはスムーズにつけられる。
文章で説明すると煩雑なのでここでは付け方の説明は省く。

ヘッドセット自体の重さは、そこまで重く感じない。
1時間つけっぱなしでも首が痛くなるということはなかったので、その点は安心してほしい。

一つ注意点を書くとすれば、
ヘッドセット装着時は前が見えないので、
事前に周辺を整理しておくことと、コントローラーを手元に引き寄せておく、くらいか。

そういえばセットで購入したときのコントローラーがまさかの壊れていたため、再度コントローラーを購入するはめになりました(フリマアプリでしかも中古のため交換返品不可でしたので仕方なく)

映像の見え方は?

通常見ているテレビが、ぐっと視界いっぱいに広がっているような感じだ。
360度、自分の頭を動かすと視野が連動して動く。

画面のサイズが大きいのはいいのだが、
解像度は、通常の液晶テレビを少しぼやかした感じになる。

通常の液晶テレビがMacのRetinaディスプレイだとすると、
PSVRはその辺の安めのディスプレイくらいの感覚。

画面が大きいから臨場感がある、とはいうが、
映像が少しぼやけた印象になるのでその点はマイナス。

映像のくっきり度で言えば、普通にテレビで見た方がいい。

後述のVR酔いの件もあり、
VR非対応のゲームをわざわざPSVRで遊ぶ必要性は感じない。

ちなみに、よく言われる「PS4ProとただのPS4で解像度が上がる」件については、
「それほど差は感じない」とのことだった。

感じ方に個人差はあるかもしれないが、別に普通のPS4でもPSVRを遊ぶのに支障はなさそう。
既にPS4を持っている人は、PSVRのためにProを買う必要はなさそうだ。

立体視ができなくても大丈夫

個人的なことだが、俺は片方の目の視力が極端に弱く(0.1以下)
今まで3DSやスマホ等を利用した立体視はできなかった。

そのため、もしかするとPSVRを使ってもまともに見えないのでは?という懸念があったのだが、
その点は全然問題なかった。
普通のテレビを見るのと大差ない。

もし同様の懸念がある人は、安心してほしい。

最大の敵はVR酔い

いや、存在は聞いてたけど、マジで酔うわ…
実際には首を動かしていないのに、映像の視点だけズレるようなプレイを繰り返していると特に酔いやすい。

まさに車の中で携帯ゲームをやっていたら酔うあの感じ。
「ああ…人類にはまだVRは早かったのだ…」ってマジで思ったから。

友達は数分もたなかったので、もともと酔いやすい人はVRプレイできないと思う。
この時点で万人向けではない。

また、そもそも長時間プレイを是とするヘビーゲーマーの皆さんも
さすがにVRを長時間やっていると酔いそうである。

まとめ

不満点

まだ改善してほしい点も多いため、万人にはおすすめできない。

課題としてはやっぱりVR酔いで、弱い人は5分と持たない。
VR酔いにも慣れはあるようなので、少しずつ慣らしていけばいいのかもしれないが…
使用へのハードルはやはり高め。

VRが広く一般へ普及するには、
特別弱くない限り「初回から1時間以上プレイしないと酔わない」ような形ができるか、
「短時間しか使えないデメリットを補うくらいコンテンツが魅力的!」とかじゃないと、
普及はしないのではないだろうか。

良い点

先に不満点を挙げてしまったが、新しいゲーム体験ができるという点では、素晴らしい機械だと思う。
VR酔いの問題さえ克服してしまえば、やはり通常のテレビでのプレイとは一味違った体験ができる。

特に主観視点のゲームとの相性は、やはり良い。
レースゲームやエースコンバットなどパイロット視点のゲームは、一度はやってみて欲しい。

現在では中古で2~3万円まで値下げされた影響で、比較的手を出しやすくなっているため、
社会人ゲーマーであれば一度試して見るのもいいと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする