この世界の片隅に 6話ネタバレ すずと晴美の命はどうなった?

この記事では、この世界の片隅にを見逃してしまったもう一度みたい人のために、

この世界の片隅にのあらすじ感想ネタバレ、そして見逃したドラマの視聴方法についてお伝えします!

この記事では、2018年8月19日(日)22時放送、TBSドラマ『この世界の片隅に』の6話の感想ネタバレを書いていきます。

スポンサーリンク

この世界の片隅に 6話のあらすじと感想・ネタバレ

以下、この世界の片隅に 6話のあらすじと感想。

この世界の片隅に 6話 あらすじ

昭和20年春。呉にも空襲がやってきますが、北條家に被害はないものの戦争の陰が日に日に濃くなっていきます。

そんなある日、北條家ではこんなご時勢だからと花見が企画されます。

その花見は幸子(伊藤沙莉)に周作(松坂桃李)の同僚・成瀬(篠原篤)を紹介するという重大な会でもありました。

一行が公園に向かうと大勢の市民が桜を楽しんでいて、いつ空襲に遭うかわからない非常時だが、考えることは一緒だったのです。

サン(伊藤蘭)や径子(尾野真千子)は満開の桜に心が和みますが、すずは人ごみの中にリン(二階堂ふみ)を見つけてしまい、逆に心が乱れてしまいます。

初対面の幸子と成瀬を皆で盛りたてる中、すずは家族の輪から離れリンと接触します。

お互いに言いたいことはあるのだが、すずとリンの会話は噛み合わないのですが、すずはリンに全てを見透かされている気がしていました…。

花見からしばらく経ったある日、ラジオから工場が爆撃されたというニュースが入り、その工場には円太郎(田口トモロヲ)が勤めてたのです。

被害は軽微だと報道されているが、帰宅した周作は職場で壊滅的だと聞いたといいます。

さらに、文官だった周作が武官になることになり、教練のため三ヶ月ほど家に帰れないと言われて、突然の報告にすずは絶句してしまいます。

スポンサーリンク

この世界の片隅に 6話 感想・ネタバレ

平成20年の三月。

晴美は学校にあまり行きたくないと言い、友達が出来るかどうか不安になっていました。

そしてすずみたいに絵が上手になりたいと言って、すずに絵を教えてほしいと言い出すと、すずは笑顔で答えます。

すると上空には数多くの飛行機が現れて、すず達は圧倒されて動くことが出来ません。

田んぼで立ちすくむ二人を円太郎が助けにやって来ますが、円太郎は二人を庇ってくれたのでした。

周作は急いで家に帰ってくると、円太郎が空襲中にも関わらずに爆睡していた事に大爆笑していました。

周作はその理由が分からずにいると、すずが説明し始めます。

空襲が激しくなってくる最中に、北條家では花見を計画していて径子とすずはお弁当を作っていました。

そこに幸子が現れると何やらそわそわしていて、実は花見では幸子と周作の同期の成瀬との顔合わせが計画されていたのです。

足が悪いサンは一度行くのをためらいますが、みんなの説得で公園へと向かいます。

そこですずはリンが桜の花を見ている姿を発見してしまいます。

すずはみんなから離れて、一人でリンの元へと向かい話しかけます。

リンは客と遊郭の女たちと一緒に来ていたと言うと、高いところが好きだと言ってリンは木に登りますが、リンはすずも木に登るように促すのです。

リンはすずにお茶碗のお礼を言うと、すずは旦那が買って来てくれたけどリンに似合うと思ってあげたと言います。

そしてすずがザボンを渡した遊郭の女性は、肺炎を起こして亡くなっていたと告げられます。

リンはすずにその女性が残した紅を差し出すと、きれいにしておくと遺体の処理を先にやってもらえると言い、きれいにしておきなさいと言うのです。

そろそろ戻らないと逃げたと思われるわ、というリンに、すずはまたね、と言葉を投げかけるのです。

その後周作とリンはすれ違いますが、お互いに言葉を掛けることはありませんでした。

そうこうしていると木の上に登っているすずを発見した周作は、木から降りるように言うとすずは上手く降りることが出来なかったのです。

何とか降りたすずは、周作が笑っていて安心したと言います。

スポンサーリンク

すずは戦火が近づく中でも日々の生活を何とか乗り切っていました。

防空壕に避難しながらすずは飛行機雲の事を聞き出すと、円太郎は難しい言葉を使って色々と説明しだします。

その様子をうんざりしながら聞いている北條家の一同でした。

昭和20年の5月に、円太郎が働いている工場が爆撃されたとニュースが入ります。

まだ戻ってこない円太郎の事を心配するサンでしたが、周作も詳しいことが分からないからと言い、円太郎が帰ってくるのを待つしかないと言います。

サンは思い立って電話をしようとしますが勇気が出ません。

周作はすずが寝床の準備をしている姿を見ると、いいもんじゃなと言って、すずを背後から抱きしめて不安を解消しようとしていました。

サンには言えなかったけど、周作は円太郎が働いている工場は壊滅的だと聞いていたのです!

そしてなんて日や、よりによって、と周作が言うと、すずはどういう事ですか?と聞きます。

周作は軍服じゃと言って、3か月訓練で戻ってこれないと言います。

その後は戻ってこれるのですか?と心配そうに聞くすずですが、肩書が変わるだけだから心配しないでいいと言います。

そして自分も円太郎もいなくなってしまって、すずはこの家を守り切れるかのぉ?と聞くと、すずは泣きながら絶対無理ですと言います。

しかし、ごめんなさい、嘘ですと言って、周作を背後から抱きしめて、うちはあんたのことが好きですと言い、でも3か月も合わなかったら顔を忘れてしまうかもしれないと言いますが、この家を守ってここで待っていますと告げます。

この家を守らないと周作を見つけられないかもしれないというすずに、周作はありがとうとお礼を言うのです。

径子が円太郎の情報を求めて街に出てみましたが、円太郎の手掛かりは得られないままでした。

周作も探しに行ってみたいですが、円太郎の手掛かりは何も見つからないのです。

サンは死んだんかね、あの人、と呟きますが、誰もその後の言葉をつづけることが出来ないのです。

すずは寝顔の周作をスケッチいていると、周作はかっこよく描けているか絵を見ようとしますが、すずは拒否します。

そして周作の出発の朝を迎えると、北條家のメンバーは笑顔で周作を送ります。

気を利かせた径子が、そこら辺まで見送っておいでと言ってくれて、二人で歩き出すのです。

平成30年では、佳代が初老の女性と広島で会っていました。

そしてその女性は自分が被爆者だと言うと、佳代にあの家で暮らしてくれることに感謝していました。

その女性が居場所なんてどこにでもある、と言い、生きていく場所はどこにでもあると言っていたのです。

そして佳代がカフェにすると言っていたのを聞いて、その女性はカフェの内装をスケッチしていました。

その女性は節子と言って、すずと周作の子供だったのです!

径子は円太郎の居場所をやっと探してきて、遠くの病院にいたことが分かります。

一緒に迎えに行こうかと提案しますが、あんたの女房は足が悪いんだから一人で帰って来いと告げてほしいと言います。

そして一人部屋にこもると、泣きながらも怒りつつサンは円太郎に対する気持ちを吐き出すのです。

幸子は成瀬と上手く行っていて、3か月の訓練から帰ってきたら祝言を上げる予定だとのろけます。

幸子は、すずと志野とやっと対等になれたと言うと、成瀬が自分の事を好きすぎてまいったわとさらにのろけるのです!

すずと志野は肩を叩いてちゃちゃを入れますが、それすらも嬉しそうな幸子でした。

径子は円太郎に、時計が空襲で壊れたから修理に出せと言われます。

円太郎が言った言葉には、息子の久夫に会いに行く口実も含まれているのではないかと言う径子でしたが、サンはすっぱりと否定します。

そしてこんな世の中だから、会いたいときに会いに行った方がいいと言うと、径子と晴美は久夫の元へと向かうことにします。

電車に並んでいると大行列で、径子は晴美とすずに自分が並んでおくから先に円太郎の見舞いに行ってほしいと言われます。

二人が径子と別れた後に空襲がやって来て、何とか通りすがりの人々に助けてもらって防空壕へ逃げることが出来ました。

すず達は径子の元へ向かおうとしますが、道には不発弾があってそれに気が付いたすずは大急ぎで晴美の手を引きますが…。

スポンサーリンク

この世界の片隅に 7話(次の放送分)予想してみた&Youtube予告動画

次回ではすずは遂に原爆の投下の日を迎えるようですね。

爆撃に会ったすずは何とか無事だったようですが、晴美の命はどうなったのでしょうか?

また遂に投下される原爆ですが、北條家の人々は無事なのでしょうか?

次回はドラマの中でも格になる場面が描かれるので、絶対に見逃せませんね!

スポンサーリンク

この世界の片隅に 6話だけでなく、1話~最新話までを視聴したい方(見逃した方)はこちら!

TSUTAYAディスカスならこの世界の片隅に 6話だけでなく、この世界の片隅にの1話から最新話まで全話見れます!
※もし、今DVDや配信がなくても後々でてきて見れるようになります。
※ちなみに、この世界の片隅にのコミックや小説(原作)は下で紹介してるebookjapanで読めます。

他にもたくさんの人気ドラマや映画なども見放題!

30日無料期間があり、登録して30日以内に解約すれば、お金は一切かかりません!

無料お試し期間中に、ツタヤのDVDとかCDとか借りまくって家にもってきてもらいましょう!

TSUTAYAディスカスは一部の作品がネット上で視聴できる動画配信サービスもやっているので、届くまでの間退屈することはありませんよ。

いつまでも無料キャンペーン期間があるとは限らないので、これを機に登録したくさんの人気ドラマ・映画・アニメをみてはいかがでしょうか?

TSUTAYAディスカスの詳細や登録方法
TSUTAYADISCAS

また、この世界の片隅にのコミックや小説(原作)は、ebookjapanで読めます!

eBookJapanはコミックの品揃えが世界最大級の電子書店!(約50万冊の本を配信中)

会員登録するだけで300ポイント、さらにエントリーするとその月の買った分の50%分のebookポイントがもらえます!

特に漫画は約21万冊を揃えており、人気の漫画はもちろん、 『おそ松くん』や『三国志』など、ここでしか手に入らない名作漫画も多数取り扱っています。また、漫画を「背表紙表示」で管理できるのもこの書店だけ。

さらに、無料漫画も約9000作品あります!

eBookJapanは漫画を楽しみたい全ての方におススメの電子書店ですので、隙間時間にいつでもどこでも漫画を気軽に読めるebookjapanを今すぐご利用してみてはいかがでしょうか?

ebookjapan無料

【関連・おすすめ記事】

この世界の片隅に 5話ネタバレ 周作とすずの別れの日が近づく…。

この世界の片隅に 4話ネタバレ 幼馴染の哲訪問!5話ですずと周作の修羅場?

この世界の片隅に 3話ネタバレ 周作の前の想い人はリン(二階堂ふみ)

この世界の片隅に 2話感想 松本穂香×松坂桃李のキス動画あり!

この世界の片隅に 1話 感想 すず奮闘の毎日!早くも離縁か?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする