チアダン2話ネタバレ ダンスのBGM曲はMISIAのHOPE&DREAM!

この記事では、チア☆ダンを見逃してしまったもう一度みたい人のために、

チア☆ダンのあらすじ感想ネタバレ、そして見逃したドラマの視聴方法についてお伝えします!

この記事では、2018年7月19日(金)22時放送、TBSドラマ『チア☆ダン』の2話の感想ネタバレを書いていきます。

スポンサーリンク

チア☆ダン 2話のあらすじと感想・ネタバレ

以下、チア☆ダン 2話のあらすじと感想。

チア☆ダン 2話 あらすじ

東京へ行くわかば(土屋太鳳)の姉・あおい(新木優子)を福井駅前で激励するため、サンボマスターの「できっこないを やらなくちゃ」に合わせてチアダンスを踊ったわかば、汐里(石井杏奈)、渚(朝比奈彩)、妙子(大友花恋)、穂香(箭内夢菜)、琴(志田彩良)の6人。

警察に注意されたところを、偶然にもその場に居合わせた教師の太郎(オダギリジョー)が「チアダンス部の顧問です」と言って場をおさめるたのですが、それを聞いた6人は顧問が出来たと大盛り上がりしてしまうのです!

早速、太郎を引き連れて校長(阿川佐和子)と教頭(木下ほうか)に報告しに行く6人。

しかし練習場所やら、人数がまだ8人いないなどの理由から正式な部活動としては認められないと言われてしまうのです。

汐里は「今学期中にあと2人集めます!」と断言をし、職員室を後にします。

なんとしてでもあと2人を集めたい6人は、ビラ配りにも熱が入るのです!

わかばの教室でワイワイ話をしているところを見た麻子(佐久間由衣)は「楽しそうでいいのう」と嫌味を言います。

それを聞いた汐里は「そっちは何にも楽しい事なさそ」と冷たく返すのです。

その言葉にカッとなった麻子は、わたしにだって好きなことぐらい、と言いかけます。

気になったわかばは、屋上のベンチで麻子を見つけて声をかけてみることにするのです。

その一方で、汐里は再び茉希(山本舞香)に会いに行き、終業式で踊るから見に来てほしいと伝えます。
果たして、終業式までにあと2人メンバーを集める事が出来るのでしょうか?

そして、生徒と向き合う事が怖くなった太郎のトラウマがついに明らかになるのです。

スポンサーリンク

チア☆ダン 2話 感想・ネタバレ

とりあえずわかば、汐里、渚、妙子、穂香、琴の6人でチアダンス部が指導し始めます。

太郎は教頭に、新しい部活は認められないと言われます。

そして練習する場所もないと言われてしまい、汐里は1学期中にあと2人集めると宣言するのです。

校長はまず部員を集めてから、部活の事を決めましょうと言われるのです。

残り2人のメンバーを探すことに必死になるわかばでした。

わかばは勉強しながらも足元はステップを踏んでいて、チアダンスにのめり込んでいました。

必死にチアダンス部のチラシを配りますが、中々チラシを受け取ってもらえません。

しかもチアリーディング部からいじめを受けてしまうのです。

太郎は遠目でチアダンス部の練習風景を見ながら、やっぱり自分には無理だと言うのです。

チアダンス部の名前を決めることになったメンバー達。

太郎はJETSの映像を見ながら勉強をするように言われますが、やはり自分には無理だと決めてしまうのです。

一方、わかばの幼馴染の春馬は、みんなが帰ったの校庭で1人で練習していました。

そこにわかばが現れて、自分をバッターだと思って投げてみて、と言うと、春馬はボールを投げることが出来なくなってしまうのです。

そこに汐里が現れて、春馬の事がタイプで好きになってもいい?とわかばに聞くのです。

汐里とわかばは、学校のみんなの前で踊ることを提案します。

教頭にその事を言いますが、教頭に即却下されてしまうのです。

太郎は教頭に呼び出されてしまい、太郎がストレスを感じないようにチアダンス部に関わらないように言うのです。

太郎は以前の学校で、生徒から無視されていて、それが原因で前の学校を辞めていたのでした。

わかばは太郎に話しかけます。

自分もわかばみたいに頑張れば何でもできると思っている時代もあったけど、やっぱり自分には顧問は務められないと言います。

わかばは友達を失ってでも叶えたい夢なのかと思う時もあると太郎に言い、もし顧問になりたくなったらいつでも言ってと言うのです。

スポンサーリンク

教頭は娘の麻子に、今頑張っておかないと後の人生にツケが来ると言います。

汐里は以前いた学校でやっていたチアダンス部で、失敗をしてしまい輪を乱してしまった結果JETSに負けていたのです。

そしてチアダンス部のチラシを一年生2人が受け取ってくれて喜ぶわかばたちでした。

校庭の庭で音楽を聞いていた麻子に、わかばが話しかけます。

麻子の好きな事がわかばは気になっていたのです。

そしてわかばは自分がずっと心の中でチアダンスがやりたかったんだと言い、麻子に勉強以外の何かやりたいことがあるんじゃないの?と聞くのです。

麻子が本当にやりたいことをやったら、周りに笑われてしまうのが怖くて、今の自分でいる事が一番だという麻子。

わかばはやりたいことやるのは楽じゃないけど楽しいと言い、麻子のやりたいことがやれるといいのぉ、と言い立ち去ります。

すると麻子はダンスのMVを見出して、青空を眺めるのです。

汐里は自分たちのチアダンス部の名前を思いつき、JETSを超えるためにROCKETSと名付けたと太郎に報告に行きます。

太郎は家族にチアダンス部の顧問を引き受ける事を決意したと報告します。

自分自身もちょっと心配だと思ってはいるけど、夢を伝える大人も持っといてもいいと思うと言うのです。

太郎の家族は賛成し、太郎にチアダンス部の顧問をすることを許すのです。

そして太郎は校長と教頭に直訴し、終業式の終わった後にみんなの前で踊る許可を取ってくれたのです!

終業式までの一週間、ROCKETSとしてみんなで練習する日々でした。

スポンサーリンク

学校に不登校でダンスが得意の茉希が登校してきます。

茉希に自分たちのチアダンスを見てほしいと汐里が話しかけます。

そして終業式で、校長は太郎の話をし出します。

太郎は自分の趣味の恐竜の化石がありそうな山に一週間こもっていた過去があったのです。

そして太郎はチアダンス部の話をしだし、まずはダンスを見てほしいと言います。

ROCKETSのメンバーは自分たちが練習してきたダンスを披露するのです。

BGMとして選んだのはMISIAのHOPE&DREAMという曲で、これからROCKETSにぴったりの曲でした。

失敗してしまったりするメンバーを必死にフォローしながら踊り続けます。

笑いながら見ている生徒たちもいましたが、3分間踊り切るのです!

そのダンスに心動かされる生徒も存在していました。

いっしょにやろっさ、と声をかけるわかばでしたが、誰も名乗り出ないのです。

そこに茉希が現れて、ROCKETSに入ってくれると言ってくれました。

あと一人、誰か入りませんかと言うと、7人では足りんのう、と言う麻子は、勇気を持って私が8人目のメンバーになると言うのです。

父親の教頭に、夏期講習も勉強も頑張るからチアダンスがしたいと懇願します。

麻子のことを笑う生徒もいましたが、わかばは人の夢を笑うな!と言うのです。

こうして無事にチアダンス部が結成されることになりました!

しかし春馬は、現実はそんなに簡単じゃないと呟くのでした。

スポンサーリンク

チア☆ダン 3話(次の放送分)予想してみた&Youtube予告動画

スポンサーリンク

夢に向かって指導しだすROCKETSでしたが、前途多難の様です。

初日から衝突してしまったり、あてがわれた部室もかなり散らかっていました。

しかし中々メンバー8人そろって練習が出来ずにいて、汐里が不満を爆発させてしまうのです!

本当のROCKETSはJETSを超えられるのでしょうか?

チア☆ダン 3話だけでなく、1話~最新話までを視聴したい方(見逃した方)はこちら!

TSUTAYAディスカスならチア☆ダンの2話だけでなく、1話から最新話まで視聴できますよ!

※もし、今DVDなくても後々でてきて見れるようになるはずです。

30日無料お試し期間があり登録して30日以内に解約すれば、お金は一切かかりません!

ツタヤディスカスで無料お試し期間中にツタヤのDVDとかCDとか借りまくって家にもってきてもらいましょう!

いつまでも無料キャンペーン期間があるとは限らないので、これを機に登録したくさんの人気ドラマ・映画・アニメをみてはいかがでしょうか?

TSUTAYAディスカスの詳細や登録方法

TSUTAYADISCAS

【関連・おすすめ記事】

チアダン 2話 動画見逃し配信 チアダンス部に新しい仲間加入!

チアダン1話ネタバレ ウォーターボーイズのパクリ?福井弁可愛い!

この世界の片隅に 2話 動画見逃し配信 義理姉の襲来!離婚の危機

この世界の片隅に 1話 感想 すず奮闘の毎日!早くも離縁か?

義母と娘のブルース 2話ネタバレ みゆきの父・良一(竹野内豊)死ぬ?倒れる?原因は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする