メガネの田中でメガネを買ってみた【レビュー】

 こんばんわ。
今日は先日購入したメガネについて話します。

私が使っていた眼鏡はプライベート用にし、仕事として使う用のメガネを「メガネのタナカ」で購入しました。(PCやスマフォからでるブルーライト?から目を守るためでもあります)

以前のメガネは
自分で踏んだり、
吹っ飛ばしたり

と、激務の中頑張ってくれた無名の眼鏡です。
えぇっと。

そういえば、「メガネのタナカ」は広島が本店のメガネ屋です。
「洋服の青山」は広島県の福山市が本店です。
「ユニクロ」は山口県の小郡が本店です。
中国地方頑張ってるんですよ。もうちょっと贔屓にしたほうがよいかもしれませんね。

さて以前のメガネはレンズ込で4万円近くしたものでしたが、今回購入したのは
レンズ込で6万くらいでした。

ただ、8年も利用しただけに時代の進化を感じました。
今回購入したフレームは、
恐らくタナカオリジナルブランドのフレームみたいですが、軽量が売りです。

店員の方に「高くてもいいのでいいものを!」
とはいったものの見る限りブランドのフレームでよさげなものが見当たりません。
ということで、店員さんが進めてくれたフレームをそのまま購入。

いや、めんどくさいとか時間がなかったとかそういうわけではないんですよ。
今回選んだフレームちゃんと評価してます。

本当にフレームが軽い。

フレームはプラスティックとアルミ(多分)が使われており重くなりがちな部分が軽量化されています。
アレルギーがある人にとっても良いですよと店員の方が言ってました。
私はアレルギーはないのでなんとも思いませんが、こういったことも購入の選択肢になるんでしょうねぇ、きっと。

とまあ、プラスティックなので軽量なのですが、安っぽいの仕方ないのです。まあ妥協の範囲内です。

とりあえず、メガネはファッションだよって突っ込みはいりません。
わかってますから。(涙)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする