ハミルトン ベンチュラH24411732 を買って使ってみた

ハミルトン ベンチュラとは

1957年、『世界初のエレクトリックウォッチ』(=世界初の電池式腕時計)として発表されたモデル。
モデル名はロサンゼルス郊外の町の名前に由来しているようです。
半世紀以上経った現在でも、その左右非対称の独特なフォルムはほとんど形を変えず継承されています。
このデザインは同時期に高級アメ車ブランドキャデラックの59年式も手掛けているリチャード・アービブ氏によるものです。

ベンチュラ H24411732のスペック

 
■ 素材(ケース) : ステンレススチール
■ 素材(ベルト) : 革
■ ダイアルカラー : ブラック
■ ムーブメント / No : クォーツ
■ 製造年 :
■ 防水性能 : 50m防水
■ サイズ : 50/35 mm(リューズ除く)__ / メンズサイズ
■ ガラス : ミネラルガラス風防
■ 仕様 : 3針

ベンチュラ H24411732のおすすめポイント

①一目でそれとわかる独特なデザイン
②一見派手なデザインだがスーツにも合う
③人と被ることが少ない
④リーズナブルな為気兼ねなくガシガシ使える
⑤クォーツなのでメンテナンス費用がかからない
⑥世界初のエレクトリックウォッチとしての歴史
⑦落としても頑丈な為壊れにくい

まとめ

現在はスウォッチグループの傘下に入っているハミルトンですが、価格はリーズナブルですがクオリティは価格以上のものだと思います。
なかでもベンチュラは半世紀以上も前のデザインにも関わらず今でも一定の人気があります。
完成度が高いが故にその人気は不変のものになっているのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする