絶対零度 1話ネタバレ 桜木泉は殺された?犯人は誰?

この記事では、絶対零度~未然犯罪潜入~を見逃してしまったまたは無料でもう一度みたい人のために、
絶対零度~未然犯罪潜入~あらすじ感想、そして無料で動画を見る方法についてお伝えします!


この記事では、2018年7月9日(月)21時放送、絶対零度~未然犯罪潜入~の1話の感想ネタバレを書いていきます。

ネタバレ苦手な方は注意です!
スポンサーリンク

絶対零度~未然犯罪潜入~ 1話のあらすじと感想ネタバレ

以下、絶対零度~未然犯罪潜入~ 1話のあらすじと感想と次話予想。

絶対零度~未然犯罪潜入~ 1話 あらすじ

公安外事第二課のエリート刑事だった井沢範人(沢村一樹)は、ある事件がきっかけで総務部資料課分室への異動を命じられます。

メンバーは痴漢容疑者への必要以上の暴行で異動させられた小田切唯(本田翼)、入庁以来ずっと資料課にいる人付き合いが苦手な南彦太郎(柄本時生)、さまざまな部署をたらい回しにされてきた田村薫(平田満)という、警察内のトラブルメーカーばかりです。

だが、実はこの資料課分室には、刑事企画課特別捜査官・東堂定春(伊藤淳史)が中心となって秘密裏に進められてきたある重要プロジェクトが託されていたのです。

それは、日本国民のあらゆる個人情報である、通信記録や金融機関の出入金記録、監視カメラの映像といったビッグデータを解析し、過去15年分の犯罪記録と照らし合わせることによって、AIがこれから起こる重大犯罪、主に殺人を犯す可能性が高い危険人物を割り出す未然犯罪捜査システム、通称『ミハン』システムの実用化プロジェクトでした。

一方、特殊捜査班のメンバーだった山内徹(横山裕)は、バディを組んでいた桜木泉(上戸彩)の失踪事件がきっかけでチームが解散になった後も独自に彼女の行方を追い続けていました。

しかし、やがて捜査は行き詰まり、その無力感と警察組織への不信感から上司を殴ってしまい、資料課分室への異動を命じられてしまうのです。

ミハンシステムが割り出すのは殺人を犯す危険性のある人物のみです。

しかし、いつ、どこで、誰を、なぜ殺すのかはわからないのです。

山内は、冤罪を生み出す可能性もあるミハンシステムに対して疑念を抱いていました。

「公にはできない捜査で、あなたたちの身に何かが起きても警察は助けてくれない。切り捨てられて終わりだ」。

山内は、そう井沢に告げるのです。

そんな中、ミハンシステムがテストケースNo.5の危険人物を割り出すのです……。

スポンサーリンク

絶対零度~未然犯罪潜入~ 1話 感想・ネタバレ

刑事の井沢範人は無抵抗の犯人に突きつけてしまい、牢獄へ入れられてしまいます。

その井沢の元に、藤堂がやって欲しいことがあると言いに来るのです。

資料課分室へは様々なメンバーが集められていて、山内もそのメンバーに含まれます。

藤堂は山内にこの資料課分室の本当の役割を話し出すのです。

それは国民の情報をAIで分析し、起きるかもしれない犯罪を未然に防ぐと言うものでした。

井沢は代議士の代わりに後方から首をベルトで締められますが、逆に犯人を追い詰めます。

そしてその犯人は、代議士に殺人を依頼されていたのです。

資料課分室のメンバーは協力して、その犯人を捕まえ犯罪を未然に防ぐのです。

井沢は藤堂にミッションの遂行の報告をします。

その代議士はテストケースNo.4としてマークされており、その事で犯罪を未然に防いだのです。

山内はこの操作のやり方に反対しますが、藤堂はこのやり方は間違っていないと言い切るのです。

その後、無事にその代議士は逮捕されるのでした。

スポンサーリンク

資料課分室へ山内が出社してきます。

井沢は山内を歓迎し、部署のメンバーを紹介します。

資料課分室は表向きは窓際の部署でしたが、裏ではミハンをしている部署だったのです。

山内は、この部署が警察に切り捨てられる存在であることが分かっているのか?と聞き、井沢はその場をなだめます。

そこに、ミハンシステムがテストケースNo.5が起きると割り出します。

井沢は、この犯罪を止めに行くよ、と宣言するのです。

容疑者は、富樫と言う表向きはバーを経営している人物でした。

ミハンシステムで、富樫達は殺人を起こすかもしれないと割り出したのです。

富樫は殺人をして、その死体を山に隠して失踪として処置しようとしていると推測するのです。

藤堂は後はお願いしますといい、井沢達に事件を任せます。

井沢は山内にミハンシステムの機械を身に着けさせ、そして捜査へ向かうのです。

富樫は経営しているバーにはおらず、家にもどこにもおらず、防犯カメラにも映らず行方を探すことが出来ません。

そして山内に潜入捜査をするように言うのです。

井沢は潜入するきっかけを作り、山内と井沢は殴り合いをしながらバーテンダーになりすますチャンスを作るのです。

富樫の足取りは依然つかめないままでしたが、何とか山内は富樫につながる情報を得ます。

富樫の拠点の事務所を割り出し、鍵を開けて侵入する井沢、田村と小田切。

事務所に不自然な痕跡を見つけ、そこをルミノール反応で調べてみると血痕の痕跡があったのです。

すでに事件は起きていると、井沢は推測します。

殺されたのは、残されたDNAから富樫本人であることが割り出されます。

ミハンシステムが加害者と割り出したのに被害者となってしまったのです!

ミハンシステムがミスをしたことを山内は疑問視しますが、井沢は何故富樫が被害者になったのか、割り出そうとします。

そして富樫の殺人の容疑者を関係者の西田と疑い、西田の後を追います。

西田は、とある2人を店に拉致します。

山内は店に侵入し、情報を探ります。

拉致されたメンバーは、商社マンの須藤と貴金属店経営の社長、前川でした。

拉致された人々を痛めつけて、富樫の金の行方を聞き出そうとする西田達。

山内は助けたい気持ちを押し殺していました。

すると店の外に警察がやってくるのです。

店の外で人が拉致されたと言う情報があってやってきたと言うのです。

山内は上手く警察を追い返し、西田達から信頼を勝ち取るのです。

そして井沢達は、拉致された人々の身の回りを洗い出すことにします。

スポンサーリンク

拉致された二人は高校時代の野球部の同級生でした。

貴金属店の店にカメラを仕掛けて、その二人のメンバーの須藤の身の回りを探りだすのです。

そして須藤の携帯のGPSから、須藤は夜中に山の中にいた事が分かり、その場所から富樫の遺体が発見されるのです!

富樫の遺体の情報はミハンシステムを知っているメンバーしか知らないことであり、誰かが外部に情報をリークしたことがあきらかになります。

その犯人は山内で、この事件が明らかになったことにより自分達がやることはもうないと言います。

そしてテストケースとは言え間違った犯罪を予測したこのシステムはもう使うべきではないと言うのです。

しかし藤堂はこのミハンシステムを使い続けるように命令します。

井沢も、この事件の答え合わせをしようと提案するのです。

捜査一課に取り調べされている西田は完全に犯罪を否定します。

そして、須藤の会社に潜入して、徹底的に須藤の身の回りを操作することにします。

小田切は須藤の手帳を手に入れ、その情報を携帯でメンバーに送るのです。

須藤の元に西田が現れて、その会話を盗聴する小田切。

西田は、須藤と前川が富樫を殺したと疑っており、須藤はそれを否定しますが、西田は二人が真実を話しお金が戻ってくるまで何度でも来ると言うのです。

そして須藤は、横領していた事実を突き止めます!

ミハンの検査方法を否定する山内は、捜査に協力しようとせずに家に帰ってしまいます。

前川と須藤は二人で密会していて、お金を稼ぐ方法を話し合っていました。

その会話から、この二人は金塊の密輸をしていたことを導き出します。

金塊の税金を上手く利用して二人はお金を儲けていたのです。

そして須藤は、西田の事は自分が何とかすると言います。

山内は単独捜査をしていて、それを井沢は発見します。

山内は須藤が多重債務者の名簿を買ってたことを調べていて、井沢は須藤がその人々を利用して金塊の密輸をしていたと割り出します。

そしてこのタイミングで、ミハンシステムが須藤を危険人物として割り出したと言うのです。

須藤は富樫を正当防衛で殺してしまっており、本当は殺人が起きるはずではなかったと言うのです。

そして須藤が殺人をするきっかけを作ってしまったのは、山内だと井沢は告げます。

藤堂は、山内のバディーだった桜木をこのミハンシステムを使った捜査に加えたかったと言います。

しかし桜木は失踪してしまったのでそれが出来なくなったと言い、バディーだった山内にこの捜査に加わって欲しいと言います。

その頃桜木はどこか海外に逃走しており、何故か井沢の名前を知っていました。

そして誰かに居場所を突き止められてしまい、その場から逃走するのです!

山内は、資料課分室のメンバーに協力して須藤の犯罪を未然に防ぐことにします。

空港に張り込み、西田と須藤の尾行を続けます。

西田は須藤と前川の計画に気付いており、空港へと向かっている様子で、金塊を奪おうとしている様です。

田村は金塊の入っているスーツケースに発信機を付けようとしますが、失敗してしまい襲われてしまいます。

そして待ち合わせ場所に金塊の運び屋が現れて、西田は金塊を回収してお金を渡しています。

田村は銃で須藤に殴られたと言い、須藤は西田と手を結び、仲間の前川を殺そうとしていることに気付くのです。

急いで駆けつける資料課分室のメンバー達。

辿り着くと、すでに前川と須藤の姿はありませんでした…。

須藤は山の中で穴を掘っていました。

そこにはまだ生きている前川がいて、須藤は前川を銃で撃とうとしていました。

大声を出しても聞こえないと言う須藤に、井沢と山内は須藤に近づきます。

小田切は西田から金塊を奪っている最中でした。

須藤に西田が捕まったしもう終わりだと言いますが、須藤は自分が富樫に殺されかけたから逆に殺しただけだと言うのです。

君はどこで一線を越えてしまった?と言いながら須藤に近づく井沢。

須藤から銃を奪い、井沢は須藤の頭の近くに向かって銃を撃つのです!

そして井沢達はミハンシステムの元に犯罪を未然に防いだのです。

藤堂は山内を呼び出します。

そして桜木がベトナムで見つかったと告げるのです。

しかし、桜木は遺体で発見されたと言うのです!

スポンサーリンク

絶対零度~未然犯罪潜入~ 2話(次の放送分)予想してみた

桜木泉がベトナムで死体として発見されたことを知った山内はどのような行動に出るのでしょうか?

そしてミハンシステムが新たな容疑者を割り出しますが、その女性は調理人で、犯罪に手を染めるような人物でもなく、遺言状を作成しているようです。

次回もミハンシステムは犯罪を防ぐことが出来るのでしょうか?

スポンサーリンク

絶対零度~未然犯罪潜入~の1話だけでなく、1話~最新話を無料視聴したい方(見逃した方)はこちら!

FODおすすめ動画

絶対零度~未然犯罪潜入~を無料で見たい方、見逃した方、もう一度みたい方はFODに登録すると見れますよ!

なんと、今なら31日間は無料で使えます!

登録して31日以内に解約すれば、一切お金はかかりません。

FODは最新ドラマだけでなく、過去の人気ドラマや映画・アニメなどもたくさん観れます!

2018年夏ドラマ

  • 「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」沢村一樹(7月9日より配信)
  • 「健康で文化的な最低限度の生活」吉岡里帆(7月17日より配信)
  • 「パフェちっく!」高橋ひかる(7月11日より配信)
  • 「グッド・ドクター」山崎賢人(7月12日より配信)
  • 「限界団地」佐野史郎(6月2日より配信)
  • 「いつかこの雨がやむ日まで」渡辺麻友(8月4日より配信)

2018年春ドラマ

  • 「コンフィデンスマンJP」長澤まさみ(4月9日より配信)
  • 「シグナル」坂口健太郎(4月10日より配信)
  • 「モンテ・クリスト伯」ディーン・フジオカ(4月19日より配信)
  • 「いつまでも白い羽根」新川優愛(4月7日より配信)
  • 「不倫食堂」(地上波放送なし!3月7日よりFOD限定配信中!)

2018年冬ドラマ

  • 『FINAL CUT』
  • 『海月姫』
  • 『ROAD TO EDEN』
  • 『隣の家族は青く見える』
  • 『オーファン・ブラック~七つの遺伝子~』
  • 『家族の旅路 家族を殺された男と殺した男』

超人気FOD限定恋愛ドラマ

  • 『グッドモーニングコール2(続編)』
  • 『花にけだもの』

過去の人気ドラマ

  • 『問題のあるレストラン(真木ようこ主演)』
  • 『僕のいた時間(三浦春馬主演)』
  • 『コードブルー』
  • 『昼顔』
  • 『明日の約束(井上真央・仲間ゆきえ主演)』
  • 『クライシス』
  • 『きみはペット』
  • 『貴族探偵』

人気恋愛番組

  • 『テラスハウス2018軽井沢編』
  • 『あいのり2017-2018アジアンジャーニー』

などの人気作もすべて見れます。 さらに、人気の映画

  • 『君の名は。』
  • 『イタズラなkiss3~プロポーズ編~』

80種以上の雑誌も見れます!

FODで読める雑誌
いつまでも無料キャンペーン期間があるとは限らないので、これを機に登録して、毎日充実した動画ライフを満喫してみては如何でしょうか?

>> FODの詳細や登録方法はこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする